このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 車売却前のよくある悩み・疑問 なぜこの査定額!?売りたい車に高額査定がつかない理由

なぜこの査定額!?売りたい車に高額査定がつかない理由

155view

2018.01.24

査定金額は人気に左右される

売却したい車に思ったような査定がつかず不満を感じやすいのが高級車を売却するケースです。車両本体価格が高い高級車ほど中古車として売るときも高値がつくと思いがちですが、現実的には高級車だからといって高額査定がつくとは限りません。

なぜ価格の高い高級車なのに査定が安いのか?一番の理由は高級車と人気車は違うからです。高級車だからといって中古車市場で人気があるわけではありません

市場のニーズによって価格が決まる中古車市場では、車の価値や新車時の販売価格よりもどれだけ人気があるのか、買取店が高値で売ることができるのかが査定基準になります。高級車でも買い手が見つけにくい、売れる見込みがない車は査定が低くなるわけです。

中古車市場で人気なのは軽自動車やファミリーカー

中古車市場で人気なのは軽自動車やファミリーカーです。安い車を求めて中古車店を訪れる人は安価で実用性の高い軽自動車をよく購入します。軽自動車は新車価格は安いものの安定的な需要があり、程度が良ければ店頭に出してすぐに売却できるので在庫を抱えたくない中古車業者としても高値をつけてでも仕入れたい車です。

ファミリーカーも高額査定が期待できる車です。家族が増えて大きい車に乗り換えたいが予算が少ない、という家族は新車を諦めて中古車でミニバンなどのファミリーカーを購入します。実用性を重視されるため少々年式が古くても値崩れしにくく高額査定が期待できます。

高級車は中古車市場で人気がない

高級車と呼ばれるクラスの自動車は中古車市場では人気がありません。そもそも高級車を購入するような人たちはある程度購入資金に余裕があるので、中古ではなく新車で購入します。中古の高級車を購入するのは高級車に憧れていたけれど新車を買うほど余裕のない人や、特に車にこだわりのない人が中心で、中古車市場では少数派です。

買う人が少なければどんなに高級な車でも高額査定は期待できません。中古車買取店よりも専用の買取網を持つディーラーの下取りのほうが高額査定がつくこともありますが、そもそも中古車としての需要が少ないので査定額が低くなってしまうのは仕方のないところです。

書類が足りない

書類不足も査定額を引き下げる大きな要因です。必須の書類を用意しておくのは当然として高値で売りたいのなら用意できる書類は全て持参しましょう。

中古車は現物を見て査定する部分も多いのですが、査定対象となる車が過去にどのように扱われてきたのかを調べるのは限界があります。書類は車の整備歴や修復歴などこれまでの履歴を証明するものであり、きちんと書類がそろっていることが信頼をはかる一つの基準となります。

書類の不足で査定額が数万円以上変わることもあります。売却前に書類をきちんとそろえておきましょう。

定期点検整備記録簿は再発行可能

中古車査定に大きく影響する書類が「定期点検整備記録簿」です。定期点検整備記録簿はその名の通り自動車の定期点検整備を記録した書類で、対象の自動車が定期的に正しい整備を受けていた証明になります。定期点検整備記録簿の有無によって中古車査定額が大きく変わる可能性もあるので、必ず用意して査定に持ち込ましょう。

定期点検整備記録簿はダッシュボードに保管されており普通なら紛失することはありませんが、何かの拍子に紛失してしまう可能性はゼロではありません。もし定期点検整備記録簿を紛失してしまっても再発行が可能です。車を購入したディーラーやメーカーに依頼すれば定期点検整備記録簿を再発行してもらえます。

ただし、購入した記録がデータとして残っていないと再発行できません。購入データは10年程度保存されていますが、その期間を超えると再発行は困難になります。再発行可能とはいえ手続きには時間と手間がかかり、

 

場合によってはできない可能性もあります。紛失しないようきちんと保管して売却に備えましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る