このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 車売却前のよくある悩み・疑問 車の査定額と走行距離の関係※何万キロで売るのが一番お得なの?

車の査定額と走行距離の関係※何万キロで売るのが一番お得なの?

142view

2018.03.18

車の査定額は走行距離によって大きく変わる

中古車買取業者が車の査定額を決めるポイントとして、車種の人気や年式、エンジン周り、キズや汚れ等の他に、「走行距離」が大きなポイントとなってきます。

車は消耗品なので走行距離が長ければ長いほど車は劣化していき、故障の確率が高くなっていきますね。人と同じように、車にも寿命があります。

国土交通省がしらべた「自動車不具合情報の統計」を見ても、とくにエンジン部分の故障は10万キロ前後がいちばん多くなっています。

今回は、車の走行距離が査定額にどのような影響を与えるかを調べましたので紹介します。

走行距離は5万キロと10万キロが査定額の変わるポイント

走行距離が10万キロを超えた車は「過走行車」と呼ばれ、一般的に車の寿命は10万キロ(10年)といわれています。

でもこれにはちゃんとした根拠はなく、定期的にメンテナンスをおこなっていれば、10万キロどころか20万キロ以上走ることはできます。

いちばんわかりやすい例でみると、タクシーがそうですね。今度乗ったらメーターを見て欲しいのですが、20万キロ、30万キロと平気で走っています。中には40万キロ以上走っているタクシーもありますよ。

なので「車の寿命は10万キロ」というのは正しい数字ではないんですね。

ただ、中古車を購入するユーザーからすると走行距離の長い車は避けられる傾向にあります。

その基準となるのが、5万キロであったり10万キロという区切りの良い数字になっています。

よって買取価格も5万キロや10万キロを超えるとガクッと下がる傾向にありますので、「車を売りたいな」と思ったのがちょうどその手前であれば、超える前に売ったほうが査定額は高くなると思います。

でも車の査定は走行距離だけでなく、総合的な評価になるので「何が何でも5万キロ超える前に売らなければいけない!」というわけではありません。査定項目の一つだと考えてくださいね。

走行距離が少なくても高く売れない車とは?

一般財団法人日本自動車査定協会」が定めている走行距離の基準が「1年に1万㎞」で、これが買取業者にも広まって一般的になっています。

例えば「3年で5万キロ」だと基準より走行距離が多いため評価は下がり、「3年で2万キロ」だと基準より少ないため評価は上がります。

ただし例外があって、走行距離が少なくても査定が安くなってしまう車があります。

それは、年式の古い車です。

経過年数が経っているのに走行距離が少なすぎるのもマイナス評価になる場合があります。

車は定期的に走ることで良い状態を保ちます。走らない期間が長かったり、メンテナンスをしていないと車は傷みやすくなり、故障の原因にもなります。

例えば新車で購入して1万キロしか走ってないのに年式が10年前の場合、1年に1千キロしか走っていない計算になり、基準を大きく下回ります。このような車は買取額が安くなる可能性があります。

もちろん、1日の走行距離は少なくても毎日のように運転して、オイル交換や定期点検などをしていて車を良い状態を保っていれば問題はありません(高額査定も期待できますね!)。

ただ、年式が古いわりに走行距離が少ないオーナーの多くが、最初の数年間だけ運転して、後はずっとほったらかしにしていることがあるので、注意が必要ですね。

10万キロ超えの過走行車でも高く売れる?

車は10年で10万キロ走ったら寿命・・・なんてのは昭和の話。いまでは自動車メーカーの技術も進歩して10万キロどころか20万、30万キロと走るようになっています(もちろんメンテナンスは必要ですよ)。

ただ、日本国内における中古車市場を見ると、走行距離が10万キロ超えの車は需要が少ないのが現状です。まだまだ走れて割安なのに、走行距離の少ない車が好まれます。

それじゃ、過走行車は二束三文で手放さなければいけないのでしょうか?

いえ、実はそんなことなくて高額買取できる可能性があります。

それは、日本車に対する海外需要の高さです。つまり海外輸出用の車として高く取引される場合があります。

とくにタイやフィリピン、インドネシアなどの東南アジアでは日本車が大人気です。街ではTOYOTAやNISSAN、HONDAなどの車がたくさん走っています。

日本車は高性能で燃費も良く、コンパクトなので、狭くて渋滞の多い東南アジアの道には適しているんでしょうね。

海外に輸出される車の多くが、日本でいうところの過走行車です。でも現地の人たちはこまめにメンテナンスを繰り返して、中には100万キロ近くまで乗る人もいるそうです。

なので日本では値段がつかないような年式の古い過走行車でも、思わぬ高額査定が出る場合があります。

ただ気をつけなければいけないのは、ディーラーの下取りではなく、中古車買取業者に売却する必要があります。

ディーラーの場合は下取りした車を系列の販売店に陳列することが多いので、過走行車は値段がつかないどころか、処分費用を請求されるかもしれません。

なので、海外輸出に強い買取店に査定してもらったほうが良いです。

でも、買取店も国内にたくさんあって、どのお店が海外輸出に強いかって分からないですよね。

そんなときに利用すると便利なサービスが「無料 車一括査定サイト」です。ネットを利用して車種や年式、走行距離などを一度入力するだけで、複数の買取店に査定を依頼できます。

サイトによっては最大10社まで見積もりがもらえるので、比較して一番高い買取店に売却できます。

過走行車で高額査定が出る買取店が、海外輸出に強い可能性が高いですよね。この「一括査定サイト」の利用がいちばん簡単に高価買取店を見つけられます。

おすすめは「かんたん車査定ガイド」というサイトです。厳しい審査をクリアした優良な買取店だけが提携しているので、安心して利用できますよ。

サイトの詳しい内容は、こちらの特集ページをご覧ください。

過走行で廃車と言われた場合でも高く売れるの?

過走行車でも状態が良ければ、先ほど紹介した海外輸出用として高く売れる可能性があります。

でも、動かなくて修理に多額の費用が掛かるような車だと査定がつかない場合があります。

ただ車は鉄でできています。なので動かないからといって、商品価値はゼロではありません。

パーツでの利用も出来るし、鉄くずとして再利用も可能です。なので動かない車の場合は、ディーラーや買取店で引き取ってもらうのではなく、廃車の買取を専門におこなっている会社に売却すると、思わぬ高額査定が出るかもしれません。

こちらのカーネクストは、廃車や事故車を専門に買取るサービスをしています。利用は無料で、買取店で査定0円だった廃車を、数万円から数十万円で買取った実績があります。 動かない車はディーラーや買取店では価値が無いので、廃車専用の会社に査定依頼すると良いと思います。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る