このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 車売却前のよくある悩み・疑問 車買取店大手「ガリバーVSビッグモーター」の評判はどちらが良いの?

車買取店大手「ガリバーVSビッグモーター」の評判はどちらが良いの?

114view

2018.03.08

「ガリバー」と「ビッグモーター」の評価を徹底調査

ガリバーとビッグモーターどちらもそれほど評価は高くないの?

車買取店といわれて、車に詳しくない人でも知っているのが大手買取店の「ガリバー」と「ビッグモーター」ではないでしょうか。

テレビやラジオCMでバンバン流れて、車で街中を走れば必ずと言っていいほどこの2社の看板は目にすることが多いですよね?

そんな車買取業者で1位、2位を争っている大手買取店の評価や、買取に出すならどちらのほうが良いのかを検証してみました。

あなたが利用するときの参考になれば幸いです。

オリコンが公式に発表している「オリコン顧客満足度ランキング」の車買取会社部門を見てみましょう。

調査は2015年から2017年にかけて行われ、実際に車買取店を利用したことのある6,368名の回答をもとに作られたランキングです。(参照:オリコン・車買取会社のランキング・比較

点数は下記4項目の評価合計です。

  • 売却手続き
  • 見積もり・査定
  • 担当者の接客力
  • アフターサービス
ランキング  買取会社  得点
 1位  アップル  74.43点
 2位  カーセブン  74.36点
 3位  ラビット  74.15点
 4位  カーチス  73.44点
 5位  ユーポス  73.27点
 6位  T-UP  73.00点
 7位  ビッグモーター  72.99点
 8位  ガリバー  71.74点
 9位  ティーバイティーガレージ  68.32点

 

車買取業界をけん引するガリバーとビッグモーターですが、意外にも?顧客の評価はそれほど高くないようです。

得点は僅差ですが、総合評価ではビッグモーターが7位で勝利です。でもこの順位、ちょっと意外に思いませんか?

次に、それぞれの部門別に見て見ましょう。

ガリバーVSビッグモーター 評価項目別対決

 

 項目   ガリバー  ビッグモーター
 売却手続き  75.16点  76.29点
 見積もり・査定  70.96点  72.59点
 担当者の接客力  73.23点  74.31点
 アフターサービス  67.01点  68.08点

この結果を見る限りでは、ビッグモーターも完全勝利ですね。

とくにいちばん重要視される、見積もり・査定でも大きく引き離していますね。

ただ、見積もり・査定でいちばん高い評価だったのは全体2位のカーセブンで74.07点でした。

このオリコンランキングには他にも地域別や年代別、男女別での評価もあるので調べたのですが、そのすべてにおいてビッグモーターのほうが上回っていました。

ガリバーVSビッグモーター店舗数販売台数比較

 

オリコンのランキング以外の部分を見ていきましょう。

 項目  ガリバー  ビッグモーター
 店舗数

 558店(2018年2月現在)

 296店(2018年3月1日現在)
 買取台数  約22万台(※注1)  約13万台(※注1)
 直販台数  約7万台(※注1)  約7万台(※注1)
 社員数  3,964名(2017年2月28日現在)  4,200名(2017年4月1日現在)
 売上高  2,515億円(2017年2月期)  2,500億円(2017年9月期)

※注1・・・2017年版 中古車流通総覧、各社IR資料参照  ※社員数は各公式サイト参照、売上高は各社IR資料参照

ガリバーとビッグモーターを比べると、店舗数の違いはありますが社員数と売上高はほぼ互角ですね。

注目すべきは買取台数に対する直販台数の割合です。

買取台数は顧客から買取った台数で、直販台数は買取った車を自社で販売している台数です。

ビッグモーターは買取台数の半分以上を直販しています。ここにガリバーよりも高く買取れる理由があるのです。

ビッグモーターが高価買取の理由その1・・・自社販売

 

車買取店が顧客から買取った車の多くは、業者専用のオークションにて売却されます。

それに対してビッグモーターでは自社で直接販売できる強い販売力を持っているため、中間マージンをカットできるので高く買取ることが可能になっています。

※参照:ビッグモーター公式サイト

 

オークションで販売するためには、会場利用手数料や会場までの輸送費などが経費として掛かります。また、落札できない場合には再出品の費用も掛かります。

そういった中間マージンを考慮するため、買取額は抑えられてしまいます。

自社販売の割合が多いということは、高額査定が期待できるということですね。

ビッグモーターが高価買取の理由その2・・・トータルサポートで利益を得る

 

ビッグモーターの事業モデルは、車の買取と販売だけでなく、

  • 自動車ローン
  • 自動車保険
  • 車検
  • 修理・塗装

など、車に関わる様々な事業に関わっています。

年間7万台以上販売している潜在顧客から、それぞれ利益が出る仕組みになっています。

なので車買取での利益は少なくても薄利多売ができるので、高額買取が期待できるといえますね。

自動車ローンや保険の取扱い手数料は相当高いみたいですよ。

ビッグモーターにも弱点があります

 

ここまで良い事ばかりのビッグモーターでしたが弱点が2つあります。

それは、

・事故歴(修理歴)のある車は買い取れない

・外車やスポーツカーは安く買取られる

 

ビッグモーターでは公式サイトにて「事故歴(修理歴)のある車は販売しません!」とうたっています。

なので事故で車体の骨格までダメージを受けて修理した車は買い取ってもらえません。

ただし、擦り傷や凹みくらいの修理であれば問題ありませんので誤解の無いように・・・

また、外車やスポーツカーは売れる車ではないので、安く買取られる可能性があります。

というのは、もともと高級車を購入する顧客層は、ほとんど新車を希望します。なので中古の外車やスポーツカーはあまり需要が無いのです。

新車で高かった割には、買取査定は低かった・・・なんてことが起こります。外車やスポーツカーに強い買取店に売却したほうが良いですね。

車買取の査定は比較することが大切

 

ここまでガリバーとビッグモーターの違いを見てきましたが、じっさいに車を売却するときには複数の買取店に見積もりしてもらうことが大切です。

ビッグモーターよりも高い査定になる可能性は十分あります。複数店で査定を出してもらう事により、車種にによっては数十万円も差額が出る場合があります。

買取店によって得意とする車や、そのとき欲しい車が違いますので、できれば3社~5社に査定してもらうと良いと思います。

ただ、何店舗も買取店をまわるのはちょっと大変だな・・・という方は、ネットで一度入力するだけで複数の買取店に見積もり依頼できる「車一括査定サービス」の利用をおすすめします。

買取店にわざわざ行かなくても、自宅まで来て査定してもらえます。

そのあと複数社の査定を比較して、いちばん高い買取店に売却することができます。利用はもちろん無料です。

おすすめの一括査定サイトを紹介していますので、詳しくは下記を参照してくださいね。

おすすめ車買取一括査定サイト一覧

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る