このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 車買取の基礎知識 車の査定時には正確に車の状態を伝えるべき理由まとめ

車の査定時には正確に車の状態を伝えるべき理由まとめ

143view

2018.01.24

修復歴を隠していると後々のトラブルに発展する

車の査定金額が後に減額となるケースがある

車の査定というのは、わずか20分程度の時間で終了する場合が多いです。ユーザーも待っているので、1時間も2時間もかけるわけにはいきません。しかも、車を走行して状態をチェックするということは通常行われません。

こうした査定方法は、中古車の業者オークションでも同じであり、いくらプロの目を通しても、不具合の見落としという可能性は否定できないのです。そして、仮に修復歴や不具合が後で見つかると、当初の査定金額が減額となる可能性もあります。

修復歴は正直に伝えるべき

ユーザーは不具合箇所や修復歴を正直に告知する義務があります。それらを全て伝えてたうえで、車の査定金額を減額しようとするのは不当な行為ですが、ユーザーが隠していた不具合箇所や修復歴については、ユーザーにその責任を求める場合があるのです。

たとえ買取業者が見落としたとしても、車はその後の流通過程で何度も検査されていきます。例えば、中古車の業者オークションでは、オークションを主催する会社の検査員が検査を行います。さらに車を買った業者や、その後のオーナーが検査を行うこともあります。

修復歴は業界のデータベースでも記録されている

一度でも修復歴ありと判定されれば、業界のデータベースに記録が残るため、業者オークションなどを通せば、すぐにその事実が発覚してしまいます。また、車を売却してから数年後に修復歴が発覚し、元の所有者に損害賠償請求がなされるといった事案も発生しています。いずれ発覚してしまうような修理歴は、最初から伝えるべきなのです。

メーター改ざん車はすぐに虚偽が発覚する

走行距離は業界のデータベースで記録されている

普段何気なくディーラーに車検をお願いした時でも、自分の車の走行距離は業界のデータベースに記録されているのです。また、中古車の業者オークションに出品された場合においても、その時の走行距離が毎回業界のデータベースに記録されます。つまり、流通するすべての車の走行距離は一元管理されているのです。

メーター改ざん車は市場価値が大きく下がる

修復歴車であれば、適正な方法で修理されていれば走行には何の影響もありません。確かに修復歴というだけで市場価値は多少下がりますが、それでも小売りとして流通させることはできます。一方のメーター改ざん車については、改ざんされているという事実は簡単に判明しますが、どの程度メーターを巻き戻したかは、違法行為を行なった人物以外は分かりません。

つまり、走行距離が分からない車、悪意を持ってメーターを巻き戻された車として、市場価値が大きく下がるのです。修復歴車と違って、一般ユーザーに販売することはほぼ不可能になります。

並行輸入車は特に注意が必要

並行輸入車を所有していて、その車を売るという場合には、特に注意が必要です。なぜならば、並行輸入車は日本に輸入される段階でメーターが巻き戻されているケースが非常に多いからです。お国柄もありますが、輸出入にかかわる業者が巻き戻しを行っていることが多く、それまで日本で車検を受けたことがないため、発見するのが困難です。

しかしながら、アメリカ国内で販売された車であれば、VINナンバーから過去の走行履歴などを調べることができます。そのサービスを提供しているのがCARFAX(カーファックス)およびAutoCheck(オートチェック)というアメリカの民間企業です。

よって並行輸入車を買う時も売る時も、こういった書類の有無を確認することが重要です。逆に書類を準備できないのであれば、何かやましいことを隠している可能性が疑われますし、そんな車を買ってしまっては、売却時に大きく査定金額が減額になる可能性も否定できません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る