このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 車を売るときの準備・手順 初めての利用でも安心して査定を受ける、車買取の流れを徹底解説!

初めての利用でも安心して査定を受ける、車買取の流れを徹底解説!

106view

2018.01.24

申し込みから出張査定までの流れ

買取業者の選び方

これまで下取りしか利用したことがない、あるいは、初めて車を売却するという場合には高額査定が出るとの評判の買取会社を利用したいと思っても、どの買取会社を選べばよいのかってよくわからないですよね?

大手の買取会社の中には上場企業やテレビCMを流しているような会社もありますが、大手だから高額査定が出るというわけでもないでしょうし、逆に広告宣伝費用の経費をまかなうために、高額な査定は出ないのではと考える人も多いかもしれませんね。

一般的には、買取を検討する人が利用しているのは車買取一括査定サイトと呼ばれるWeb上にたくさんあるサイトです。これらのサイトには、全国の車買取会社のほとんどが網羅されており、自宅から近い会社や評判の高い希望の会社を選択することができるようになっています。

クルマ業界について詳しい知識のある人なら必ずしも一括査定サイトを利用する必要もないでしょうが、初めての場合には一括査定サイトを利用することで簡単に複数の買取会社から査定を受けることができます。

最終査定額をもらうには出張査定を受ける

一括査定サイトに申し込むと、複数の買取会社から電話やメールで連絡が入り、車を査定するために出張査定をさせてほしいと依頼されます。メールで簡単な査定金額を送ってくるところもありますが、もちろん最終査定でありません。正確な査定額を受けるためには実際に車を見せて査定してもらい、それから価格交渉をする必要があります。

出張査定は、こちらの都合の良い日時に自宅の駐車場や指定場所に出向いて査定をしてくれますので非常に便利ですし、もちろん無料です。また、査定とはいっても、実際に車を見るのは10分前後で、傷の有無やエンジンの調子を確認するくらいの簡単なものです。

実は、ここからが本番で価格交渉がはじまります。価格交渉のポイントは、こちらの売却希望額は伝えずに、淡々と交渉をし、他社からも査定を受けるのでその結果を見て最も高額査定のところで契約すると伝えましょう。

ほとんどの人が一括査定サイトを利用しますので、買取会社のほうでも競合他社がいることはわかっています。上手に交渉すれば相場以上の高値も引き出せるかもしれません。

契約の流れについて

契約について

見積もりが出そろったら、最も良い条件のところを選んで契約することになりますが、契約とは言っても買取会社の用意する書類に署名捺印するだけです。ただし、契約の際には提出書類が複数あり、これらを事前に準備しておくことでスムーズに契約することが可能となります。

必要となるのは、自動車検査証、発行後1か月以内の印鑑証明書2通、自賠責保険証明書、直近の自動車納税証明書、預託済みの場合のリサイクル券となります。

軽自動車の場合には、自動車検査証、自賠責保険証明書、直近の軽自動車納税証明書、預託済みの場合のリサイクル券となります。これ以外にも、通常は買取会社のほうで用意されますが、委任状や譲渡証明書、軽自動車の場合には自動車検査証記入申請書などが必要となります。

また、契約に必要というわけではありませんが、整備手帳や取扱説明書、スペアキー、取り外した純正品などもついでに用意しておくとプラス査定されることもあります。

売却代金の振込について

車を売るための申し込みから契約までの流れは上記の通りとなりますが、最後に大切なのは売却代金の振込です。車を売ると決めた買取会社からは、売却代金が契約時に指定した銀行口座に振り込まれることになります。

早い場合には、契約日から数日で口座に振り込まれてきますが、念のために契約時に担当の方に振込み日を確認しておくとよいでしょう。

また、自動車ローンが残っている場合には、ほとんどの買取会社ではローン残高の全額返済を代行してくれ、差額の代金を口座に振り込んでくれます。この場合でも、事前に書類を準備しておけばスムーズに取引が進みますので、それほど期間がかかることはないでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る