このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 車買取の基礎知識 普通車や軽自動車を売る時の必要書類にはどんなものがあるのか?

普通車や軽自動車を売る時の必要書類にはどんなものがあるのか?

159view

2018.01.24

普通車を売る時

車を売る時には必要書類の提出が求められます。後回しにすると忘れてしまう事があるため、事前に準備しておきましょう。

普通車を売る時の必要書類は様々です。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • リサイクル券
  • 譲渡証明書
  • 委任状

自動車検査証

自動車検査証は略して車検証とも呼ばれ、自動車登録番号、車名、形式、所有者の氏名や住所など様々な情報が記載されています。

自動車検査証は車の車内に保管しておく必要があり、普通車のグローブボックスに保管するというオーナーが多いため、すぐに準備できますね。

自賠責保険証明書

自賠責保険は必ず加入する必要があり、強制保険とも呼ばれ、加入者には自賠責保険証明書が発行されます。自賠責保険証明書も車内に保管する必要があります。

自動車検査証と一緒に保管する方が多いため、自動車検査証が入っているグローブボックスを探してみてください。

自動車納税証明書

公道を走行するためには自動車税を納める必要があり、自動車納税証明書は自動車税を納めたかどうか証明する書類です。買取した後で自動車税を納めておらず、公道の走行ができない車だったというトラブルを回避するために提出を求められます。

毎年5月になると自動車納税証明書が自宅に届くので、レターボックスなどの保管場所を探してみてください。なお、平成27年4月より自動車税の納税確認が電子化されています。

実印

実印は不動産の取引を行う時や銀行から融資を受ける時など、重要な場面で使用する印鑑です。基本的には普通車を購入する時も売却する時も実印が必要となります。

印鑑登録証明書

登録した印鑑が本物である事を証明するのが印鑑登録証明書です。実印を登録した時の印鑑登録証明書を準備してください。

リサイクル券

リサイクル料を納めていることを証明できるのがリサイクル券です。車を購入する時にリサイクル料を支払う事が多くなっています。車を買い替えする場合はリサイクルが行われません。

車の査定額の中に戻ってくるリサイクル料が含まれている場合が多いため、事前に含まれているかどうか確認してください。

譲渡証明書

現在の所有者が新しい所有者へと譲渡する時に必要なのが譲渡証明書です。譲渡証明書には実印を押あう必要があります。

委任状

名義変更手続きを委任する時に必要となりますので、必要事項を記入し、捺印しておきましょう。

譲渡証明書と委任状は車買取店側で用意してあり、インターネットでダウンロードできる車買取店もあります。

軽自動車を売る時

軽自動車を売却する時では若干必要書類が異なります。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書
  • 印鑑
  • リサイクル券
  • 自動車検査証記入申請書

自動車検査証、自賠責保険証明書、リサイクル券は普通車と同じです。軽自動車納税証明書も名前が若干違うだけで、普通車の自動車納税証明書とほとんど同じ意味となっています。

印鑑

軽自動車では実印でなくても売る事が可能で、普段使用している認印でも構いません。実印が不要のため、印鑑登録証明書も不要です。

自動車検査証記入申請書

名義変更する時に必要なのが自動車検査証記入申請書で、ほとんどの場合車買取店側で用意してくれます。

紛失した時

自動車検査証、自賠責保険証明書は紛失してしまった時に再発行ができますが、リサイクル券は再発行ができません。自動車リサイクル料金の預託状況をプリントアウトしましょう。

印鑑登録証明書を紛失した時は亡失届または印鑑登録廃止申請をする必要があり、その後に再度印鑑登録を行います。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る