このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 車売却前のよくある悩み・疑問 ノーマルのほうが高い?改造した車を売却するときのポイント

ノーマルのほうが高い?改造した車を売却するときのポイント

108view

2018.01.24

改造車を売却する

中古車売却では改造を施した改造車も売却可能です。もちろん違法改造車は買い取ってもらえないので車検に通ることを書類で証明する必要はありますが、法的に問題のない範囲内の改造であれば問題なく売却できます。

ただし、売却できるからといって高く売れるとは限りません。車にこだわって改造する人はお金をかけ多分査定額も上積みがあると期待しがちですが、一般的な傾向として改造車が投資した改造費用以上に高く売れることはまずありません。

中古車売却での査定額は市場の需要によって決まります。大金を投じて改造した車でも、売れる見込みが低いと判断されれば期待したほど査定額はつきません。査定がアップするどころかマイナス評価で買取金額は低くなってしまいます。

改造がマイナス評価になる理由

改造が施された車がマイナス評価になる理由は「売れる見込みが低い」というのが一番の理由です。もう少し詳しく説明すると、車の改造というのは個人の好みが強く影響されるため市場でも購入を検討する人が限られてしまい売るのが難しくなってしまう、というのが大きな理由です。

車を改造するようなオーナーは車に対するこだわりが強く自分の好みに合うようにお金をかけて改造します。完成するのは自分にピッタリあったオーダーメイドの車で自分が乗る車としては最高ですが、売るための商品として考えれば特定の個人の好みにあわせた車というのはとても売りにくくやっかいな車です。

好みにぴったり合う購入希望者を探すには手間も時間もかかるため、中古車買取店としても安い査定額でなければ割にあわないのです。

プラス評価の改造もある

全ての改造がマイナス評価になるわけではなくプラスになるような改造もあります。例えばノーマルホイールからアルミホイールへの交換などは人気の改造です。好みはあるもののアルミホイールの人気は高く、投資金額程度の上積みは期待できるでしょう。

ポイントしては「ノーマルへの現状復帰が可能か」というのがひとつの基準になります。車高を下げたりエンジンを交換したりといった現状復帰が難しいほど大掛かりな改造は車としての寿命を縮めてしまうリスクがともなうため、査定を下げる要因になります。

エアロパーツなどの追加装備も純正かそれに準じるパーツなら問題ありませんが、ボディに改造を施さないと取り付けられないような改造は評価を下げてしまいます。

ホイールやハンドル、シフトレバーの交換など簡単にノーマル状態に戻せるような改造は査定に大きく響きません。センスや好みによる査定額の違いはありますが、車両としての価値を大きく下げるほどは影響することはないでしょう。

潜在的なリスクがないことを証明する

改造車は派手な運転や無茶な走行をしていたのではないか、と懸念されるため高値がつきにくくなっています。改造されていても安心して乗れる車であることを証明するため、車検書等必要な書類は全てそろえておきましょう。

修復歴や修理歴がある場合は隠さずきちんと話しましょう。下手に隠そうとして事実がばれてしまうと信用できない車と判断されて買い取りを拒否される可能性があります。

改造車はノーマルに戻してから売却するべきか

ノーマル状態に戻せる状況にある改造車を売却する場合、ノーマルに戻してから売却したほうがいいのでしょうか?

結論からいうと、売却前に改造車をノーマルに戻す必要はありません。ノーマルに戻すにしてもお金がかかります。パーツがそろっていてノーマル状態にいつでも戻せる状況にあるのなら、自分で元に戻すよりもパーツをひとそろい持参して買取査定に持ち込んだほうがいいでしょう。

パーツと一緒に買い取りを依頼すれば買取後に必要であれば業者の判断でノーマル状態に戻されます。業者なら割安の工賃で作業できるので自分で元に戻すよりパーツとまとめて買い取りに出したほうがお得です。リセールできる状態ならパーツ相当額の査定上乗せが期待できます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る